薬剤師転職・中高年からの場合

薬剤師は大変専門性が高い職業の一つです。免許取得のために大学の薬学部、またや薬科大学で6年もの間専門教育を受け、国家試験に合格した者だけが薬剤師を名乗ることを許されます。薬剤師は、有資格者でなければ携わることができない職種のため、再就職・転職の際に資格はとても大きな武器となります。

中高年薬剤師の転職の場合、比較的多くみられるのが「製薬会社から調剤薬剤師の転職」「早期退職後に他の調剤薬局へ再就職」「家庭環境が落ち着いたため、ブランクから復帰」というパターンです。
准看護師のパート勤務ってどう?

特に、一旦退職をして家庭に入り、数年間薬剤師業界から身を引いていた薬剤師の場合は、年齢のことだけでなくブランクの問題もあり、再就職や転職に不安を抱える方も少なくありません。

また「子育てが落ち着いたから」「介護がひと段落ついたから」という理由で、今まで行っていたパートやアルバイトを辞め、正社員を目指して転職を考えるという方もいらっしゃいます。

これらのケースは、いずれにしても正社員勤務のブランクがあるため、経験不足や責任に関する不安、業務形態に関する悩みなどが生じやすくなっています。さらに、年齢的に20代~30代の頃のように、求人を選り好みできないと感じる方も多いようです。

こういった不安や悩みは、一人で抱え込んでいてもなかなか解消できるものではありません。また、自分一人で転職活動を行うとミスマッチが起きる、書類審査の段階で年齢を理由に落とされ続ける、といった問題が生じる可能性も高まります。

こういった問題を回避するためにも、転職を検討する場合は、薬剤師転職ランキングで紹介されている薬剤師専門の求人サイトや転職支援サイトを活用することをおすすめします。これらのサイト・サービスでは、専門のコンサルタントを用意していますので、自分に合った求人案件を的確に案内してもらえるだけでなく、転職活動における様々な悩みや不安にメンタル面からサポートしてもらうことも出来ます。
東長野病院へようこそ

薬剤師という資格は、転職・再就職に有利に働く武器であることに違いはありません。しかし、その武器を最大限に活用するためにも、自分一人の視野で転職活動を行うのではなく、専門家のアドバイスや経験を活用することが重要であるという事を、是非、心に留めておいて下さいね。