看護師には様々な魅力があります!

看護師として働く魅力とは

看護師として働く魅力とは

子供のころに誰でも一度は将来の夢としたことがある「看護師」ですが、そんな看護師として働く魅力について、お話していきたいと思います。まず、看護師はどういった仕事をしているのでしょうか?

病院で勤務している看護師の仕事は、入院患者さまのバイタルサイン(血圧、脈拍、体温など)測定や採血、点滴管理、投薬管理、予定入院や緊急入院の対応などさまざまな仕事をしていますが、専門職ならではの業務を行うことがほとんどです。

しかし、身体面だけではなく、精神面のフォローを行うことも看護師としての仕事の一つです。患者さまの一番近くにいる医療職者が看護師であるため、入院中のさまざまな不安や悩みなど吐き出しやすい存在の一人になります。

患者さまにとって、看護師とはまさに「白衣の天使」のような存在であるため、ご家族に話しにくい心の内を打ち明けられるような優しい印象・対応を心がけることも、患者さまに苦痛が少ない入院生活を送ってもらえることにつながるのです。

また、看護師として働くということは、患者さまの『いのち』を預かる看護を行うということを知っておく必要があります。患者さまの『いのち』を預るということは、とても責任が重く、常にプレッシャーを感じる大変な仕事です。

疾患や治療に関する知識や確実な看護技術を求められるため、患者さまやご家族様の前での「知りません」は通じませんし、看護師として信用されなくなってしまうこともあるのです。

自身の経験不足や知識不足などで辛い思いや悔しい思いをすることも多々あると思いますが、そんなときは同僚や先輩に相談に乗ってもらい、アドバイスしていただきましょう。一人で仕事をしているわけではありません。チームのみんなで仕事をしているのです。

嬉しいことや楽しいこと、悲しいことや辛いこと、たくさんのことがありますが、看護師の仕事は「人の役に立つ」「人を助ける」など専門職としてプライドのある仕事です。

自分の行った看護が患者さまの治療への良い結果つながったときには、とても大きなやりがいを感じることでき、人間としての自分自身の成長も実感できます。

人と人との関わりを大切にでき、辛い中でも、大きな喜びを感じることが出来ることが看護師として働く醍醐味であると思います。
准看護師のパート勤務ってどう?

未経験歓迎の病院に看護師として転職する際の注意点

求人欄に「未経験の看護師歓迎」という文言がありますが、これは本当にそうなのか不安に思うでしょう。これは基本的にはその通りです。

どの病院も看護師が不足しがちなので、少しでも人手を増やすため、未経験者でも雇いたいというのが本音です

ただ、病院側の受け入れ態勢が整っているかによって転職後の大変さが変わります。どの職についたとしても新たに覚えることが多いため、未経験からの転職は大変なのは変わりません。しかし未経験者である以上、業務を覚えるために最初は指導者が必要になります。

この指導者にそもそも指導できるだけの時間的余裕がなかったりすると、新人は放置されがちになってしまいます。転職したはいいが何もできないのにプロの仕事を求められるといった事態になりかねません。

そもそも人手不足の病院が未経験者を雇う場合、受け入れ態勢を整えることは難しいでしょう。つまり未経験歓迎との文言がある場合は未経験者を指導する余裕がある病院かどうか見極める必要があります。

これについては入ってみないとわからない部分が大きいですが、求人サイトに常に求人を出している、患者さんの口コミを見ることである程度回避することができます。

常に求人を出している場合はつまり常に人手が不足しているということ、患者さんがちゃんとした看護を受けられていない可能性があります。

また、こういった未経験トラブルを避けるために新人教育体制が整っている病院を選ぶことも大事です。これは急性期の病院というものがあり、看護学生が看護師になった際にまず働き始める病院で、こういった病院は教育体制も充実していることが多いです。
東長野病院へようこそ

未経験歓迎のその他の理由として他の病院でのやり方ではなく当院のやり方を覚えてほしいといった理由もあります。これは一度働いた経験が邪魔になってしまうケースもあるからです。

どちらにせよ、こういったトラブルを避けるためには求人要項をよく読むこと、可能な限り事前にネットで調べることが大事だと言えます。

辞めるにしても円満退職が理想的

やむを得ず看護師を辞める場合には、どういった理由であっても円満退職が理想的です。退職を決意した後は、一般的には退職日の2週間前に自分の上司に申し出ます。

しかし、勤務している病院によっては就業規則などによって独自に時期を決められている場合があるので、事前に確認しておくといいでしょう。

また、現実的に考えて退職届を提出後に直ぐに辞めてしまうと以後の業務に支障も出るので、引継ぎなども考えて2ヶ月前には上司に申し出ておいた方が無難です。

この時、退職の申し出はあくまでも直属の上司だけに行うようにし、その上司を超えて退職を願い出る事はやめておいた方が賢明です。なぜならば、こういった行為はトラブルを招く結果となり易いからです。

また、正式に退職が決定するまでは、同僚や先輩など周囲に話すような事も控えておくといいでしょう。

看護師を辞める理由は様々でしょうが、退職理由として用意しておきたいのは、『前向きな退職理由』を準備しておく事をお勧めします。

なぜならば、退職を直属の上司に申し込んだ後は、『上司面談』が行われ、直属の上司からその上司へと次々に面談を行うからです。この時、職場環境や給与面の不満を漏らすと、改善策を持ち出され退職の妨げになります。

また、そいうった改善策を持ち出さないとしても、職場への不満は円満退職の妨げになってトラブルを招きかねません。

ただ、うつ病など心的、体力的に継続が困難な場合は、正直に打ち明けておくと今後の展開もスムーズになるので話しておくといいでしょう。

退職の申し出が終った後は具体的な退職日を調節していきます。有給休暇や業務の引継ぎも考えて決定しますが、早くても申し出から1ヶ月以上先になると考えましょう。

ただ、ボーナスなどの時期に退職する場合には、トラブルを回避する為にもボーナスは諦める事も肝心です。あくまでも円満退職となるように行動することが重要なので、多少の損がでることはやむをえない事だと心得ましょう。

↑ PAGE TOP